バスタイムでリラックス♪

バスタイム

バスタイムでリラックス♪

1日フルでがんばって疲れ切った日の最後はお風呂にゆっくりつかりたいですよね。

シャワーだけで済ますのではなく、湯船にゆっくりつかると心も体もスッキリします。

この記事ではバスタイムをよりリラックスして過ごすためのポイントをご紹介します!

 


〈1〉お風呂につかる時間・適温
適切な入浴時間は15分~30分程度です。
あまり長くつかると体に負荷がかかってしまうので注意しましょう。
温度は38~40度程のぬるめのお湯につかるとリラックスした状態になり、副交感神経が活発になります。


〈2〉アロマ・入浴剤
湯船に自分の好きなアロマオイルを入れると香りで癒されます。
注意点はアロマオイルを入れるときはそのままだと肌が荒れてしまうので、キャリアオイルで薄めたり乳化剤を使うなどしてくださいね。
入浴剤もスキンケア系入浴剤・薬用系入浴剤・炭酸ガス系入浴剤など様々な種類があります。
自分の好みや入浴剤のもつ効果によってその時々にあった入浴剤を選んでくださいね。


〈3〉バスソルト
美肌・保湿・ダイエット・デトックス効果があり、冷え性の改善にも効果的なバスソルトもオススメです。
マグネシウム、カルシウム、カリウムなどの天然ミネラルが入っていて肌のうるおいが期待できたり、体の芯までポカポカになります。
バスソルトも様々な種類があるので、成分や特徴などをよく調べて気に入ったものを使ってみてください。


〈4〉キャンドル
浴室の電気を消してキャンドルの明かりだけで入浴するのもリラックスできますよ。
キャンドルの炎には「1/fゆらぎ」があり、このゆらぎにはリラックス効果があるからです。
いつもとは違う空間でキャンドルの炎に癒されながら入浴してみるのもいいでしょう。
火を使うことに不安がある方はバスライトをオススメします。火を使わないので安全です。


〈5〉お風呂上りのケア
入浴後は肌が乾燥しやすいのでボディクリームでケアしましょう。
ボディクリームを使ってマッサージをするなら体が温まって血流が良くなっている入浴後が効果的です。
保湿効果のあるものや好みのテクスチャー、香りを選んでうるおいのある美肌を手にれましょう!


まとめ

今回は充実したバスタイムの過ごし方についてご紹介しました!
一日の疲れを癒す為にバスタイムを思いっきりリラックスして過ごしましょう。
私もお気に入りの入浴剤を入れてゆーっくり湯船につかりながら、1日あったことを思い返したり考えたりします。
落ち込むことがあってもお風呂上りにはスッキリして嫌なことも忘れちゃいます。
みなさんも充実したバスタイムでストレスを吹っ飛ばし、気分をスッキリサッパリさせましょう♪
入浴する前と後には水分補給も忘れずに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました